人材派遣業許可(一般派遣業許可・特定派遣業届出) 東京・埼玉

医療系の派遣は、紹介予定派遣などで可能です。

医療関連業務の派遣は原則禁止

医師、歯科医師、薬剤師の調剤、保健婦、助産婦、看護師・准看護師、栄養士等の資格業務については、各種法令から原則として派遣が禁止されています。
この医療関係業務には、看護師の業務も含まれ、看護師の派遣も原則として禁止されています。
しかし、人材会社のサイトを見ると、「看護師の派遣」を行っている会社も多数ありますね。どうして禁止されているのに派遣できるのでしょうか?
医療関係業務の派遣については、例外的に認められる場合があるのです。

どのような場合に医療関連業務の派遣が認められるのか?

では、どのような場合に看護師業務を含む医療関連業務への派遣が認められるのでしょうか?

1 紹介予定派遣の場合

紹介予定派遣とは、派遣社員を、派遣後に派遣先に就職するよう紹介を前提として派遣をすることを言います。
紹介予定派遣の場合、医療関連業務への派遣が可能です。人材の募集要項に「勤務期間:6か月、その後紹介予定」などと記載さているものがそうです。

2 育児休業や産前産後休業、介護休業労働者の代替要員の場合

育児休業や産前産後休業、介護休業している労働者の代替要員として派遣する場合には、例外的に派遣することが可能です。

3 福祉介護施設内にある診療所等の場合

特別養護老人ホームや身体障害者療護施設などの福祉介護施設内に設けられている診療所等の中には、例外的に派遣が認められるものがあります。

4 法令等で認められていたへき地等の病院等の場合

就業の場所がへき地・離島の病院等及び地域医療の確保のため都道府県(医療対策協議会)が必要と認めた病院等の場合、例外的に派遣が認められます。

医療関係業務への派遣事業を検討の方

私どもでは、医療関係業務への派遣のための紹介予定派遣等のご相談を日々お受けしています。初回のご相談は無料ですので、まずは一度お電話下さい。

image10

お問い合わせ

Top